>

冷暗所で油を保存しよう

戸棚に入れるのがおすすめ

油を綺麗にしたら、ふさわしい場所で保管してください。
直射日光の当たらないところを探しましょう。
また、気温が高すぎないところが良いですね。
冷暗所で保管すると、油が長持ちすると言われています。
また油は、密閉できる容器に入れてください。
空気が入り込むと、すぐに酸化してしまいます。

オイルポットを使ってこす場合は、フタが付属されているのですぐに密閉して保存できます。
保存する際は、完全に冷ましてください。
まだ熱い状態でフタをすると、熱がこもるので状態が悪くなります。
冷ましてからどこに保存すれば良いのか考えると慌てるので、事前に場所を決めましょう。
使い終わった油は、シンクの引き出しや戸棚にしまう人が多いです。

なるべく早く使い切ろう

1回使用した油は、劣化しやすいです。
ずっと放置することは控えてください。
なるべく頻繁に使うことを意識しましょう。
そのため、油を保存していることを忘れないでください。
油が残っていることや、何回使用したのかメモに残すと良いですね。
そのメモを目に入るところに入っていると、忘れることはありません。

手間を掛けて綺麗にしたのに、油が使えなくなったらもったいないです。
そのことも考えて、献立を決めましょう。
しかし毎日揚げ物が続くと飽きてしまいます。
連続にならないよう注意してください。
揚げ物だけでなく、炒め物をする時に使っても良いですね。
すると早く油を使いきることができます。
数回しか使用していなくても、日数がかなり経過している油は廃棄してください。


この記事をシェアする