>

キッチンペーパーでこす

目に見えない天カスを除去

網じゃくしで掬っても、まだ全ての天カスが取れていません。
その後は、油をこしましょう。
ボウルの上のザルを置いて、さらにキッチンペーパーを敷いてください。
ザルだけ使用するより、天カスを除去しやすくなります。
ゆっくり油を注ぎましょう。
勢いよく油を注ぐと、衝撃でキッチンペーパーが破けてしまうことがありますう。

手間が掛かりますが、このような作業をすること次回も綺麗な油を使うことができます。
これまで油の処理方法がわからなくて、揚げ物をあまり作らなかった人がいると思います。
しかしやり方を覚えれば簡単なので、今後は頻繁に揚げ物を作れるはずです。
唐揚げや天ぷら、とんかつなどは大人も子供も大好きです。
家族に作ってあげてください。

人肌ぐらいまで冷まそう

まだ熱くて触れない状態の油はこせません。
熱い油では、キッチンペーパーが溶けてしまいます。
また危険なせいも高いので、人肌ぐらいまで冷ましてください。
そのぐらいの温度になれば、キッチンペーパーが溶けないのでしっかりこせます。
冷ましている間は、何度ぐらいになったのか定期的にチェックしましょう。

冷たくなった油は、粘度が増します。
するとこしにくくなるので、うまく天カスを除去できません。
完全に冷める前に、こすことがポイントです。
オイルポットは、こし器がセットになっているので作業が簡単です。
揚げ物を作る頻度が高い人は、購入していた方が良いかもしれませんね。
こし器があれば、わざわざザルやボウルを用意しなくても良くなります。


この記事をシェアする