>

そのまま流してはいけない

天カスをすばやく取る

揚げ物を作った後は、油に天カスが浮いています。
天カスが残っている状態だと、油の劣化が早まってしまいます。
1回しか使っていないのに、使えなくなったらもったいないのですばやく取ってください。
取り除くことで、綺麗な状態を長く維持できます。
揚げ物を作るたびに新しい油を使っていると、早く油がなくなってしまいます。
油の無駄遣いを避けるためにも、何度か再利用してください。

使い終わった後にしっかり処理することで、使用できる期間が長くなります。
劣化している油を使っても、おいしい揚げ物を作ることはできません。
また料理が終わって油をすぐに排水溝に流すと、環境に悪影響を与えます。
適当に油を処理することは、絶対にしないでください。

あく取り用の網じゃくしを使おう

普通の穴あきお玉では、うまく天カスが取れないかもしれません。
あくを取るための網じゃくしなら、網目が非常に細かいので小さな天カスでもしっかり取り除くことができます。
持っていない人は、すぐに購入してください。
特に唐揚げを作った後は、細かい粉が浮いていることが多いです。

取り除くのが難しいので、網じゃくしを使ってください。
また、少し大きな天カスは沈んでいることもあります。
表面に見えている天かすだけでは、まだ油が綺麗になりません。
下に沈んでいる天カスも見逃がさないでください。
下から掬い上げるように網じゃくしを使うと、ほとんどの天カスを取り除けると思います。
何回かその作業を繰り返して、油を綺麗な状態にしましょう。


この記事をシェアする